新幹線や飛行機など移動中安定して見られるVOD・動画配信サービス

長距離の移動が多い方は、その移動時間も有効活用したいものですよね。特に芸能人やプロ野球選手は移動が多いため、VODに登録し楽しんでいる方が多いようです。

しかし、移動中となると自宅のような安定した回線は使えませんし、国内線の飛行機でも機内VODが視聴できるようになりましたが、ラインナップはイマイチで、NetflixやHuluなどはWi-Fiで視聴することができず。

そのため「ダウンロード機能」が充実したオフラインでも楽しめるVOD・動画配信サービスを選ぶべきでしょう。もちろん、VODのコンテンツのラインナップも重要ですが、そのあたりも含めて比較していきます。

移動中はデータ通信が頻繁に行われます

スマートフォンのデータ通信で最も負担が大きいのは「移動中」です。なぜならスマートフォンが行くところ行くところ電波を探す手間が増えてしまうためです。

そのため、静止時と比べると電池は大きく消耗します。また、通信状態が不安定でリトライを繰り返していると、無駄にデータ通信をしてしまうケースがあり、データ量を食ってしまいます。

飛行機はもちろん機内モードにしなければいけませんが、地下鉄や新幹線など、高速で移動し、通信する基地局が何度も変わるような場面では、できるだけ通信しないようにしておきたいものです。

移動中はできるだけオフラインでVODを楽しみたい

そのため、移動中に電池の消費を抑え、その時間を有効活用しながらVODを楽しみたい場合は「ダウンロード機能」が備わったVODに登録すべきでしょう。

VOD 配信数 DL機能 月額料金 特記事項
dTV 12万本 500円 TBS系
auビデオパス 1万本 562円 テレビ朝日系
Netflix 非公開 950円 フジテレビ系
U-NEXT 12万本 1,990円

ダウンロード機能が備わったVODは以上4社です。特に操作性の面で手軽でストレスなく利用できるのはdTVとNetflixです。ほとんどの動画がダウンロード可能になっています。また端末に動画をダウンロードするため、Wi-Fiでダウンロードしておけば通信制限にもかかりません。見終えたものは削除すればスマホのストレージを圧迫することもないでしょう。

ダウンロードそのものも、朝のうちに動画を選んでおけば5分ほどで完了します。

関連記事
dTVの動画ダウンロード方法まとめ~スマホ・PC別解説

なお、単純なデータ通信量で見るVODの比較は以下。

VOD 配信数 月額料金 データ通信量/時
Amazonプライムビデオ 26,598本 325円 0.14~0.46GB
dTV 12万本 500円 0.15~1.52GB
auビデオパス 1万本 562円 0.10~2.00GB
Netflix 非公開 950円 0.3~3GB
4K:最大7GB
Hulu 41,521本 933円 0.21~1.80GB
U-NEXT 12万本 1,990円 0.12~2.00GB
TVer 100~150本 無料 0.23~0.81GB

どうしても移動中にオンラインで視聴したい場合は、画質設定を下げて視聴することをおすすめします。スマートフォンのような小さい画面では、画質を下げても思ってた以上に観られます。

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加