HuluとFODプレミアムを比較しました

HuluとFODプレミアムについて、データやサービスの質、実態などの比較を行いました。

インプレス総合研究所の調査によると、2017年度VOD国内利用率は、Huluが14.9%(2位)、FODプレミアムが0.6%(23位)。数字で見ればFODプレミアムは比較にならないほどHuluに対し劣っています。

しかし、FODプレミアムは独自のコンテンツや限定サービスを持っており、個人的にはおすすめしたいVODの一つです。もちろんHuluも実績の通りコンテンツや質は充実していますが、それだけでは分からない、実際に利用した私の「主観」も織り交ぜながら比較していこうと思います。

なお2社の個別の詳細は下記で紹介しています。

関連記事
Huluのサービス詳細まとめ
FODプレミアムのサービス詳細まとめ

Hulu × FODプレミアム

Hulu FODプレミアム
登録URL https://www.happyon.jp/ http://fod.fujitv.co.jp/s/
運営会社 HJホールディングス株式会社 株式会社フジテレビジョン
サービス開始 2011年9月 2005年7月
系列 日本テレビ フジテレビ
配信本数 41,521本
※2016年12月時点
約3.6万本
カテゴリー ・海外TV
・国内TV
・海外映画
・国内映画
・アニメ
・FOXチャンネル
・リアルタイム(LIVE)
・ドラマ
・バラエティ
・アニメ
・キッズ
・映画
・スポーツ/エンタメ
・アナウンサー
・FODオリジナル
FODマガジン
会員数 155万1595人
※2017年3月時点
全体:350万人
有料会員:80万人
※2016年12月現在
対応デバイス ・PC(Windows、Mac)
・スマートフォン、タブレット(iOS、Android)
・テレビ
・STB
※テレビ端末非対応
画質 SD/HD SD/ハーフHD (720p)
データ通信量 0.21~1.80GB/1時間 0.15GB~0.40GB/1時間
VR 非対応 対応
サービス価格 月額993円 FOD見逃し(旧プラスセブン):無料
FODプレミアム:888円(税抜)
無料トライアル 2週間 1ヶ月間
マルチアカウント オーナーを含め6個まで作成可能 なし(5台まで登録・同時視聴可能)
ダウンロード 不可 不可
課金手段 ・クレジットカード
・キャリア端末決済
・PayPal
・iTunes(Apple TV利用者)
Huluチケット
・クレジットカード
・携帯キャリア決済
・楽天ペイ
・Yahoo!ウォレット

一部例外あり
サポート 年中無休

参考 動画配信ビジネス調査報告書2017/インプレス総合研究所

HuluとFODプレミアムの共通点を比較:見逃し配信がある

HuluとFODプレミアムには、実は大きな共通点があります。それは「放送局との繋がりがあること」です。

Huluは日本テレビの傘下、FODプレミアムはフジテレビが直接運営しているVODです。そのため、両社その放送局のコンテンツを中心にラインナップされています。

放送局と直接的な繋がりがあるということは、そこの放送局のコンテツ配信に強くなり、他社とは差別化したコンテンツを取り揃えることができるのです。

Huluの見逃し配信(日本テレビ)

FODプレミアムの見逃し配信(フジテレビ)

もちろん今はTVerなどがあるので、見逃し配信も苦ではありませんが、例えば「高画質で見たい」、「テレビで見たい」となると、有料のVODに登録したほうがストレスはありません。

ただFODプレミアムについてはテレビで見られないのが残念。その代わり、過去1年分の最新ドラマを揃えているので、録画の手間というのは減少します。

HuluとFODプレミアムの相違点を比較

ここからはHuluとFODプレミアムの相違点を比較し、価格の妥当性を紐解いていきます。

HuluにあってFODプレミアムに無いもの

Huluの強みといえば、「海外ドラマ・映画」のコンテンツです。

FODプレミアムも多少は海外ドラマ・映画を持っていますが、正直ラインナップとしてはかなりマイナーなものばかり。フジテレビ系の番組が9割以上なので、洋画・海外ドラマを見たい場合、間違いなくHuluをおすすめします。

そしてこの「Huluプレミア」は、どこよりも早く海外の新作を届けるというサービスで、海外ドラマファンは必見です。

Huluは、海外の放送局・制作局によって共同設立されました。そのため、日本テレビとの関係以前に、海外との関係の方が強いのです。「海外ドラマを見たい!」という場合は間違いなくHuluを選ぶべきでしょう。

FODプレミアムにあってHuluに無いもの

逆にFODプレミアムの特典といえば、フジテレビ系の番組が見られることはもちろんですが、「FODマガジン」という雑誌読み放題サービスが付帯することが大きなメリットではないかと思います。

約100冊の最新雑誌が常に読み放題となります。

特に私はスキマ時間を埋める「暇つぶし」のためにVODにのっぺりはまり込んでいったのですが、最近は動画にも飽きてきて、電子書籍やこうした雑誌読み放題サービスにもハマっています。

特にFODプレミアムの「FODマガジン」は、読み込みスピード・ダウンロード機能・雑誌のトレンド(新しさ)など、操作性の面において特に満足度が高いものと評価しています。

「FODはフジテレビの番組が見られるだけ」だと思っている方は大間違い、むしろ動画よりもこちらの「FODマガジン」を私はよく利用しています。FODプレミアムの女性の登録者が圧倒的に多いというのも、この雑誌サービスの口コミが広まっていることが理由のようです。

関連記事
FODプレミアムの雑誌読み放題の口コミ・評判

HuluとFODプレミアムの比較まとめ

私は両方のVODに登録していますが、利用頻度で言うと半々くらいです。

利用用途としては、

Hulu:日本テレビ系ドラマの見逃し配信、巨人戦のライブ中継、Hulu限定配信コンテンツ
FOD:フジテレビ系の見逃し配信、雑誌読み放題、FODオリジナル

以上のようなイメージ。ここから見て分かるように、「Huluでしか見られない」「FODプレミアムでしか見られない」コンテンツが中心です。

言い換えれば、HuluもFODプレミアムも「ここに登録しなければ見られない動画・コンテンツ」があるということ。

つまり、動画・コンテンツの「被り」がほとんど無いので、例えば両VODの複数登録など「メディアを堪能する」という意味においてはかなり効率が良いです。

ですから結論としては、両者ともVODとして優れており、実態面から比較すると決して利用率(Huluが14.9%、FODプレミアムが0.6%)だけでは分からないことだらけだと思います。

リンク Huluへの登録(14日間無料)
リンク FODプレミアムへの登録(1ヶ月間無料)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加