HuluとU-NEXTを比較しました

HuluとU-NEXTについて、データやサービスの質、実態などの比較を行いました。

インプレス総合研究所による2017年度調査の国内利用率については、Huluが14.9%(2位)、U-NEXTが4.6%(8位)。利用率だけで見るとU-NEXTは大きく劣っています。その裏付けとなるデータやサービスの特徴などを比較して見ていきます。

なお2社の個別の詳細は下記で紹介しています。

関連記事
Huluのサービス詳細まとめ
U-NEXTのサービス詳細まとめ

Hulu × U-NEXT 比較

Hulu U-NEXT
登録URL https://www.happyon.jp/ http://video.unext.jp/
運営会社 HJホールディングス株式会社 株式会社U-NEXT
サービス開始 2011年9月 2007年6月
系列 日本テレビ
配信本数 41,521本
※2016年12月時点
12万本
※動画以外のコンテンツも含む
カテゴリー ・海外TV
・国内TV
・海外映画
・国内映画
・アニメ
・FOXチャンネル
・リアルタイム(LIVE)
・洋画
・邦画
・海外ドラマ
・韓流、アジアドラマ
・国内ドラマ
・アニメ
・キッズ
・ドキュメンタリー
・音楽、アイドル
・アダルト
・雑誌、コミック、書籍
・カラオケ
会員数 155万1595人
※2017年3月時点
非公開
対応デバイス ・PC(Windows、Mac)
・スマートフォン、タブレット(iOS、Android)
・テレビ
・STB(Amazon Fire TV、Fire TV Stick 他)
・PlayStation 4
・PlayStation 3、Wii U (Huluのみ)
画質 SD/HD/フルHD SD/HD/フルHD/4K
データ通信量 0.21~1.80GB/1時間 0.12~2.00GB/1時間
VR 非対応
サービス価格 月額993円 ・月額1,990円
・都度課金100円~1,500円
※毎月1200円分のポイント付与
無料トライアル 2週間 31日間
マルチアカウント オーナーを含め6個まで作成可能 家族4人まで作成可能
ダウンロード 不可 一部可能
課金手段 ・クレジットカード
・携帯キャリア決済
・PayPal
・iTunes(Apple TV利用者)
Huluチケット
・クレジットカード
・携帯キャリア決済
・U-NEXTカード
・U-NEXTギフトコード
サポート 年中無休

参考 動画配信ビジネス調査報告書2017/インプレス総合研究所

コンテンツの網羅性・独自性を比較

単純なコンテンツの多さ・ジャンルの幅で見ると、U-NEXTが12万本、Huluが4万本と大きく差があります。しかしその「質」「魅力度」を問われると、実はHuluが勝り、先ほど紹介した国内利用率の結果が頷けます。

U-NEXTの場合、幅広いジャンル・動画をとりあえず「寄せ集めた」印象が強く、独自コンテンツも持っていないため面白みがありません。また、配信本数は上表の通り12万本と膨大な量ですが、書籍やカラオケ、ミュージックジャンル、見放題ではない(お金を払わなければ見られない・PPV)都度課金の動画も含んでいるため、純粋なHuluとの比較ができません。

見放題のみの動画数で比較すると、ほとんど一緒か、Huluの方が多い印象すら受けます。Huluは全動画定額内の見放題です。

というのも、U-NEXTは放送局との提携がないため(Huluは日テレ系)、ドラマやバラエティの見逃し配信や、円盤化されたドラマ・映画の見放題コンテンツが少ないのです。

例えばこれはHuluで月額料金内で楽しめる見放題コンテンツの「デスノート(日本テレビ)」という映画ですが、U-NEXTで見るとなぜか月額料金とは別に課金しないと見ることができません。

VODの契約を検討する上では放送局とのつながりを意識して選んだほうが取りこぼしがなくお得に楽しむことができます。

またHuluは日本テレビ傘下にして、テレビ朝日・フジテレビ・テレビ東京といった民放キー局とコンテンツパートナー契約を結んでおり、網羅的に国内コンテンツを楽しむことができます。

こういったところもU-NEXTがHuluと大きく差を付けられている理由でしょう。

Hulu U-NEXT
利用率 14.9% 4.6%
満足度 78.6% 44.1%

リンク Huluへの登録(14日間無料)

HuluとU-NEXTのコンテンツ比較

Hulu U-NEXT
得意分野 ・海外ドラマ
・見逃し配信(日テレ)
・国内ドラマ(日テレ・テレビ朝・フジ・テレ東)
・映画館とのポイント提携
※U-NEXTのポイントを提携映画館で使えるクーポンに交換できる
・最新映画(都度課金)
・アダルトコンテンツ見放題
・雑誌読み放題
オリジナル作品 ・デスノート NEW GENERATION
・CROW’S BLOOD
・代償
・NOGIBINGO(NOGIROOM)
・住住 他
独占配信 ・笑点
・今夜くらべてみました
・有吉反省会
・東野・岡村の旅猿シリーズ
・ヨロシクご検討ください
・有吉の壁
・マツコとマツコ
・ガキの使いやあらへんで
・宇宙兄弟
・前略、西東さん
・ゴリ夢中
・オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです
・太田上田 他

表にすると一目瞭然ですが、放送局系列であるHuluは独自の制作網があるというだけで、そのコンテンツの質に魅力を感じます。「Huluでなければ見られない」独占コンテンツは、VODを選ぶ上で非常に重要です。

U-NEXTのコンテンツは全て他局のコンテンツであるため、月額料金を払ったとしても全てが見放題となるわけではありません。他のVODでは無料で見られるのにU-NEXTだと有料になる、ということもまま起こります。

また、独自コンテンツもありません。「U-NEXTに登録しなければ見られない」という動画が何一つないというのは、意外と登録にあたって足がかりとならないものなのです。

もちろんU-NEXTも、アダルトコンテンツが見放題であったり(定額VODサービスでは唯一)、U-NEXT内のポイントを実際の映画館で変換できるなど、映画好きには嬉しいサービスもありますが、当てはまるユーザーが絞られすぎている印象も受けます。

HuluとU-NEXTの比較まとめ

両者の比較にあたっては、利用率から見るデータでも分かるようにHuluが圧勝でしょう。

U-NEXTで揃えている見放題動画は、ほとんどHuluで網羅できます。

あえてU-NEXTを選ぶ理由としては、雑誌読み放題サービス、音楽聴き放題サービス、アダルトコンテンツ見放題など、付随サービスに魅力を感じられるかどうか。また映画館に足を運んで映画を見ることが多い人にもおすすめできます。

個人的にはその付随サービスを差し引いても月額2000円近いVODというのはあまり理想的ではないのかなと感じます。

どちらのサービスも無料トライアルが用意され、トライアル中の解約は自由なので(U-NEXTについては何度も無料トライアルを試すことができる)、そうした基準で選ぶと良いように思います。

リンク Huluへの登録(14日間無料)
リンク U-NEXTへの登録(31日間無料)

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加